多くの日本人がメタボ予備軍!青魚を食べない若年層が予備軍に!

生活習慣病のファクターであると指摘されているのが、タンパク質などとひっつき「リポタンパク質」に変容して血液中を行き来しているコレステロールです。

身体内の血管壁にとどまっているコレステロールを肝臓に届ける役目を担うHDL(善玉)と、肝臓にストックされている状態のコレステロールを体内のすべての組織に運搬する役割をするLDL(悪玉)があるとのことです。

膝の関節痛を軽減する成分として知られている「グルコサミン」ですが、「何ゆえ関節痛に効果を見せるのか?」について教示させていただきます。

生活習慣病というのは、昔は加齢が主因だということで「成人病」と命名されていました。ところが生活習慣に乱れが生じると、小中学生でも症状が表出してくることがわかり、平成8年に呼称が変更されたわけです。

人の体には、100兆を優に超える細菌が存在しているとされています。そのすごい数の細菌の中で、体にとって重要な役割を果たしてくれていますのが「善玉菌」と称されているもので、その中でも特に世に浸透しているのがビフィズス菌になります。

年齢に伴って、人の体内で作ることが容易ではなくなると言われているグルコサミンは、カニであるとかエビの殻に多く含有されているアミノ糖の一種で、普通の食事からは摂取することが不可能な成分になります。

ビフィズス菌が腸内にある悪玉菌を低減することによって、全身の免疫力をより強化することが望めますし、ひいては花粉症といったアレルギーを沈静化することも期待することが出来るのです。

ゴマのひとつの成分であるゴマリグナンに内包されている素材がセサミンというわけです。このセサミンというのは、体の各組織で生まれてしまう活性酸素の量を抑制する効果が望めます。

多くの日本人が、生活習慣病に冒されて亡くなられています。誰でもなり得る病気だと指摘されているのですが、症状が表出しないので病院などに罹ることもなく、悪化させている人が非常に多いのです。

グルコサミンは軟骨のターンオーバーを促進し、老化スピードを抑制する作用をしますが、こちらで紹介するコンドロイチンは、軟骨の保水力とか柔軟性をUPさせる作用があるというわけです。

機能の面からすれば薬品のイメージがするサプリメントなのですが、実際は食品に位置付けられています。そういう事情があるので、医薬品のように様々な制約もなく、誰でも製造したり販売したりすることができるというわけです。

魚のEPAとDHAが血を綺麗にする

魚にある人間にとってありがたい栄養成分がEPAとDHAというわけです。この二種類の栄養成分は脂の一種ですが、生活習慣病を防いだり緩和することができるなど、人々にとっては重要な栄養成分だと言えるでしょう。

セサミンというものは、ゴマに内在する栄養成分の1つなのですが、1粒の中になんと1%未満しかないので、望み通りの効果を得たいとするなら、ゴマを食べるだけでは難しいでしょう。

中性脂肪というものは、人の体内にある脂肪分なのです。生命活動の為に体の中で生み出されたエネルギーの内、消費されなかったものが皮下脂肪に変容して蓄えられることになりますが、その凡そが中性脂肪だと教えられました。

従前より健康増進に欠かせない食物として、食事の際に摂取されてきたゴマなのですが、近年そのゴマの成分の一つであるセサミンが関心を集めています。